月別アーカイブ:2020年12月

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「わが社」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「わが社」は正しい敬語か?について解説します。 「わが社」は正しい敬語? よくビジネスドラマなどを見ていると「わが社の新商品は~で、」や「わが社の将来について~」など、「わが社」という言葉を耳にすることがあると思います。中には、普段から使っているという人も多いのではないでしょうか。しかし、果たしてわが社という表現方法はビジネスシーンで使用する際に正しい使い方をしているのでしょうか。自分の会社を指す言葉は他にも当社、弊社、自社など様々な言葉で言い換えることができます。一体どのようなシーンでどの言 ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「お掛けください」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「お掛けください」は正しい敬語か?について解説します。 「お掛けください」は正しい敬語? 社会人としての生活も数年経ってこなれてくると、仕事も板について社会人としての自信がついてきます。しかし年数が経ってくると新たに出てくるのが、ビジネスコミュニケーションにおける「敬語・謙遜語・丁寧語」の使い分けが必要になってくるケースです。上司と仕事をする時と、同僚や部下と仕事をする時で、同じ言葉遣いをしてしまうのは目上の人間と目下の人間の区別がついていないと見なされてしまいます。ケースに応じた適切な言葉遣 ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「どちら様でしょうか」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「どちら様でしょうか」は正しい敬語か?について解説します。 「どちら様でしょうか」は正しい敬語? 家に見知らぬ相手が現れた、或いは自宅の電話に知らない相手から連絡が来た場合に、第一声としてあがるのが「どちら様でしょうか」ではないでしょうか。どちら「様」「でしょうか」という丁寧な言い方であるように思えますが、ご家庭では問題なくとも、こと「ビジネスの相手やお客様」に対して、今一つな言い方である事はご存じでしたか?実は一般的に使いがちなこちらの言い方は、ビジネスコミュニケーション上、是か非かで言えば ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「お時間よろしかったでしょうか」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「お時間よろしかったでしょうか」は正しい敬語か?について解説します。 「お時間よろしかったでしょうか」は正しい敬語? 日本語はとても美しい言語だと言われる理由の一つに、表現方法の豊富さが挙げられます。注意しないと間違っている表現方法や言葉遣いも多くあり、たくさんの人がそのことを認識せずに、間違って覚えて使ってしまっていることがあります。サービス業においては接客マニュアルがしっかり作成されており、新人研修の際にマニュアルに沿って教育がなされますが、残念なことにマニュアルの中にも間違った言葉遣いが ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「幸いです」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「幸いです」は正しい敬語か?について解説します。 「幸いです」は正しい敬語? 「幸いです」は日常のビジネスシーンはもちろん、メールなどの文面でもよく見かける表現です。非常に丁寧な印象を与えることから使い勝手の良い表現にも思えますが、実際のビジネスシーンで使用する時にはいくつか注意したい面もあります。 「幸い」という言葉が使われているように使った側がメリットを得られる、「嬉しい」という気持ちを込めて使われる言葉です。歴史的にもほとんど意味合いは変わっていませんが、時代の変遷とともにくだけた表現と ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「お伺いしたい」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「お伺いしたい」は正しい敬語か?について解説します。 「お伺いしたい」は正しい敬語? お伺いしたいは、とてもむずかしい表現です。ビジネスシーンで活躍している人でも正しく使えていない人は多く、意思疎通がうまくいかないケースなども見られます。一方で、正しく使えていな人が多いために間違った使い方をしていても気づかない、何の問題も生じないといった傾向も見られます。使っている側も使われている側も正しい表現をよく理解していないために問題に気づかない、そんな状況はできるだけ避けたいものです。職場全体で誤った ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「となっております」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「となっております」は正しい敬語か?について解説します。 「となっております」は正しい敬語? 「となっております」は日常生活ではあまり使うことはないかもしれませんが、ビジネスシーンではしばしば使われます。「となっております」の意味は、「となる」です。「となる」の丁寧語という位置づけです。ちなみに、「となる」とは変化した結果ということです。例えば、「来週の月曜日は都合により臨時休業となっております」というような感じで使用します。そのほかに、結果としてこうなったという使われ方もします。 「となって ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「ご理解のほど」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「ご理解のほど」は正しい敬語か?について解説します。 「ご理解のほど」は正しい敬語? ビジネスシーンで「ご理解のほどよろしくお願いいたします」という丁寧語を耳にする機会はあるでしょう。このフレーズ、敬語自体は決して間違っていません。ただし、使い方を間違える可能性があるので注意したい言葉です。場合によっては相手に失礼な印象を与えかねないので、気を付けるべき言葉と言えます。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の意味は、相手に対して「このような理由でこうなりますのでわかってください」ということ ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

あけましておめでとう、はいつまで使える?例文(和文・英文)

本記事では、「あけましておめでとう」は正しい敬語か?について解説します。 「あけましておめでとう」の使用期限 新年の挨拶で定番なのは、何といっても「あけましておめでとう」でしょう。ところで、この「あけましておめでとう」はいつまで使っていいのかという問題が出てきます。例えば、ビジネスの世界では正月三が日までは休みというところも多いでしょう。もし年賀状がオフィスに届いて、事前に年賀状を出していない場合、4日以降に送付する形になります。そのタイミングで「あけましておめでとう」を使っていいのかと思ったことはありま ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「感謝しております」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「感謝しております」は正しい敬語か?について解説します。 「感謝しております」は正しい敬語? ビジネスメールで日頃からの感謝を表したい場合、「感謝しております」という表現を使うのは正しいのでしょうか。「感謝」を伝えるのはとても大切なことで、取引先や上司、同僚との良好な関係を築く、という点において重要な役割を果たす言葉です。 もしかしたら、日頃の習慣として「感謝しております」という表現を使っている人もいるかもしれません。でもちょっと待ってください。この言葉遣いは自分よりも目上の人に対して使える言 ...

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com

© 2021 履歴書研究所