敬語の使い方

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「ご心配ありがとうございます」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「ご心配ありがとうございます」は正しい敬語か?について解説します。 「ご心配ありがとうございます」は正しい敬語? ビジネスシーンでもよく使われる「ご心配ありがとうございます」という言葉は、上司や取引先の人にも使うことでしょう。しかし、目上の方やビジネスの場面では、より丁寧な言い方である「ご心配くださりありがとうございます」がいいでしょう。「ご心配ありがとうございます」を目上の方に使う人もいますし、一般的に失礼であると感じる方は少ないので問題はないのですが、「ご心配くださりありがとうございます」 ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「ご相談」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「ご相談」は正しい敬語か?について解説します。 「ご相談」は正しい敬語? 「相談したい」とは、仕事の他、身の回りのさまざまなことについて話しを聞いてもらい、相談した相手から何らかのアドバイスが欲しい時に使うフレーズでしょう。相談するとなれば相手にはそれなりにまとまった時間を作ってもらう必要がありますし、その内容は込み入ったものが多いことから、プライバシーが確保されていて落ち着いて話せる場所を用意するのが一般的です。また、自分のことについてなので、「相談したい」は相手にお願いをしているというニュ ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「早速のご対応」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「早速のご対応」は正しい敬語か?について解説します。 「早速のご対応」は正しい敬語? 社会人として、自分から見て立場の高い人や年上の人、また初対面の人や企業面接の場で、正しい言葉使いは身につけておきたいものです。結論から言うと、正しい文言で、主に取引相手や社内に送るメールなどのビジネスシーンに多く使われます。さらに、転職を検討している人の場合、転職検討先の企業とメールでのやり取りにも活用できるため、実際使ったことがある人も多いでしょう。 この文言は、こちらの依頼・要望を早急に対応してくれた際の ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「心中お察しします」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「心中お察しします」は正しい敬語か?について解説します。 「心中お察しします」は正しい敬語? 社会で数多くの人と接する機会があります。楽しい時もあれば、急な出来事で悲しみへと突き落とされる場合もあるでしょう。「心中(しんちゅう)」は心の中(気持ち)を表し、「察し」に「お」を付けることで丁寧な言葉になる表現です。身内の不幸や不慮の事故など、悲しい出来事によって意気消沈している相手に対して使う言葉で、「同情する」「ねぎらい」「お悔やみする」など、「相手の心苦しい心境の状態を理解する」意味合いになり ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「お体をご自愛くださいませ」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「お体をご自愛くださいませ」は正しい敬語か?について解説します。 「お体をご自愛くださいませ」は正しい敬語? 手紙やメールの末文に、相手のことを思いやって、「お体をご自愛くださいませ」という一文が添えられているのを見かけることがあります。一昔前はお礼状など手紙の末文、暑中見舞いや寒中見舞いなど、手紙に添えられるのが一般的でした。しかしメールが普及した現在では、ビジネスメールに使われることも多くなりました。 このような末尾に添えられる一文を読むと、たとえビジネスライクなおつきあいであっても、その ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「~になります」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「〜になります」は正しい敬語か?について解説します。 「~になります」は正しい敬語? 「こちら和風ハンバーグになります」、「お会計は1500円になります」、「500円のおつりになります」、「駐車場はあちらになります」などの「~になります」という言葉遣いについて、識者のがこぞって誤りを指摘しています。また、ファミリーレストランやコンビニエンスストアなどで働くアルバイトの若者がよく使うため、「ファミコン敬語」と名付けられています。「~になります」は多くの人が指摘しているように間違っているのでしょう ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「お時間いただいてもよろしいですか」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「お時間いただいてもよろしいですか」は正しい敬語か?について解説します。 「お時間いただいてもよろしいですか」は正しい敬語? ビジネスの場で、目上の人や上司に時間を割いてもらいたい時に「お時間いただいてもよろしいですか」というフレーズがよく使われます。前半部分の「お時間いただく」は、”~してもらう”という言葉の謙譲語である”~いただく”に、時間という単語の前に尊敬語の”お”を付けてセットにすることで、「あなたの時間をもらえる」という意味になります。後半部分の「よろしいですか」は、相手に同意や確 ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「今後とも」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「今後とも」は正しい敬語か?について解説します。 「今後とも」は正しい敬語? 日本語には、相手を敬う気持ちをあらわすときに使う言葉が何種類かあり、その内の一つである丁寧語が使われるようになったのは10世紀頃の平安時代と伝えられています。また、尊敬語や謙遜語が使われるようになったのはそれ以前にまでさかのぼり、8世紀ごろの文献に記されていることがわかっています。日本の古代社会には現在にはない身分制度があったので、上下関係をきちんとするための一つのスタイルとしてこれらの言葉遣いが生まれたと考えられて ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「お会いできることを楽しみにしております」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「お会いできることを楽しみにしております」は正しい敬語か?について解説します。 「お会いできることを楽しみにしております」は正しい敬語? 例えば仕事を一緒にした方などと別れる際、「お会いできることを楽しみにしております。」ということがあります。別れ際の最後にこの一言があれば、再び一緒に仕事をする際には非常にやりやすくなることが想像できます。そのため、このフレーズはビジネスシーンでは非常によく使われるといって良いでしょう。再開するのが楽しみという言葉には相手に好意を持っているという意味が込められ ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「ご一緒します」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「ご一緒します」は正しい敬語か?について解説します。 「ご一緒します」は正しい敬語? ビジネスシーンにおいては、「一緒に行きませんか?」とか「一緒にどうですか?」と誘われることが多々あります。そんな時、「ぜひ一緒に!」というニュアンスの返答をする際には、どんなフレーズを使うのが正しいのでしょうか?よく耳にするフレーズだと、「ご一緒します」があります。 「ご一緒します」に含まれている「一緒」は、自分と対等な相手に対して使う言葉です。ここに「ご」という接頭辞をつけることによって丁寧な雰囲気を出して ...

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com

© 2021 履歴書研究所