敬語の使い方

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「所感」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「所感」は正しい敬語か?について解説します。 「所感」は正しい敬語? 「所感」とは、心に感じ思った内容や印象のことを言います。「年頭所感」という言葉がありますが、これは企業の社長や知事、市長などが行うイメージがあるかもしれません。ですが、新年の抱負と同じように、特にフォーマットや決まりごとはありません。「新しい年を迎えて自分が心に感じたこと」を徒然なるままに述べたものが年頭所感です。 「所感」という言葉の歴史を遡ると、語源は仏教用語に行き着きます。仏教用語での「所感」は、「善悪の行為によって引 ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「お供させていただきます」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「お供させていただきます」は正しい敬語か?について解説します。 「お供させていただきます」は正しい敬語? ビジネスシーンで使う丁寧語や敬語には、たくさんの種類があります。その中には、相手への敬意を表現したり、相手を立てるニュアンスを持つフレーズの他、自分がへりくだることで相手を立てる役割をする謙遜語などもあります。「お供させていただきます」というフレーズは、ビジネスシーンでは使い勝手が良く、幅広いシチュエーションで使えるフレーズですが、どんな相手に対して使っても失礼に当たることはないのでしょう ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「早速のご返信」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「早速のご返信」は正しい敬語か?について解説します。 「早速のご返信」は正しい敬語? 日本のビジネスマンの嗜みとして、それぞれのビジネスシーンに合わせた、相手を敬う敬語表現を使いこなすことは必須のスキルと言えます。しかし、その他の言語と異なり、日本語には丁寧語、尊敬語、謙譲語の3種類があり、使用する対象によって言葉遣いを選ぶ必要があるため、高難易度になっているといえます。 意外にも、世のビジネスパーソンで、しっかりとこの3種類の表現を使いこなせている人は少なく、ほとんどの人が間違った表現を堂々 ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「大変参考になりました」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「大変参考になりました」は正しい敬語か?について解説します。 「大変参考になりました」は正しい敬語? ビジネスシーンでよく耳にするフレーズの中には、とても丁寧な表現だったとしても、目上の人に対して使うのはNGだったり、目下の人に対して使うと違和感がある言葉がたくさんあります。「大変参考になりました」も、その一つです。 「大変参考になりました」は、「参考になりました」に「大変」という言葉を足すことによって、相手への感謝の気持ちを伝えています。相手に何かを質問して答えてもらった時に、感謝の気持ちと ...

敬語の使い方

2020/12/27

「ご愁傷様です」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「ご愁傷様です」は正しい敬語か?について解説します。 「ご愁傷様です」は正しい敬語? 社会人として一人前になるためには、さまざまなマナーや礼儀をマスターする必要があります。 それらはある程度会社に入社する時に研修として学ぶことがほとんどですが、その後の自習や復習をしっかりしていないと、いざという時に全く役に立たない結果になってしまうことも少なくありません。 目上の方と接することの多いビジネスパーソンにとって、敬語表現は確実にマスターしておきたいスキルの1つです。 ですます調の丁寧語や謙遜語のよ ...

「大変勉強になりました」は正しい敬語か?(和文・英文例)

敬語の使い方

2020/12/27

「大変勉強になりました」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「お大変勉強になりました」は正しい敬語か?について解説します。 「大変勉強になりました」は正しい敬語? 相手から指導を受けた時に使う「大変勉強になりました」というフレーズは、慣れない職場で奮闘する新人社員にとっては、ぜひ覚えておきたいフレーズの一つではないでしょうか。 「大変勉強になりました」に含まれている「勉強」とは、数学や国語などの科目というわけではありません。 「勉強」には、自分がこれまで知らなかった新しい知識ややり方を教えてもらうというニュアンスも含まれています。 社会人として働く人な ...

「おわかりいただけたでしょうか」は正しい敬語か?(和文・英文例)

敬語の使い方

2020/12/27

「おわかりいただけたでしょうか」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「おわかりいただけたでしょうか」は正しい敬語か?について解説します。 パンダ ビジネスのシーンにおいて、相手の理解を確認するために問いかけをする際に、「おわかりいただけたでしょうか」と聞くシーンがあります。 この理解度を確認するという行為は、取引先だけでなく、会社の上司や同僚、お客様までと幅広く使用する必要がありますが、間違った表現方法も多く、正確に使用できていると自信を持って言える人は多くありません。 正しい日本語表現を理解し、相手の状況や立場によって異なる表現方法をしっかりと活用できるよう ...

敬語の使い方

2020/12/27

「ご理解いただけたでしょうか」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「ご理解いただけたでしょうか」は正しい敬語か?について解説します。 自分が新人研修やプレゼンテーション、企画会議の司会をしている際、沢山の説明をする必要がありますが、相手に対して自分の意図がどこまで伝わっているかを確認する際、「ご理解いただけたでしょうか」等の言葉を使って相手の反応を見る機会があります。 相手の理解度を確認する際は「わかっていますか」「理解できてますか」「次に進んでも問題ないですか」など、聞き方はいくつかありますが、実際には正しい日本語を話せているかと疑問を持つ事もあります。 ...

敬語の使い方

2020/12/27

「かしこまりました」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「かしこまりました」は正しい敬語か?について解説します。 「かしこまりました」は正しい敬語? 「かしこまりました」は、自分がへりくだり、相手を立てる要素を持つ謙遜語です。 「わかりました」という意味を持ち、相手が言うことや内容について、理解したとか了承したというニュアンスで使うことが多いフレーズです。 ビジネスシーンにおいてはよく耳にすることがありますし、ショップやホテルなど、自分たちが顧客という立場になった時にもよく耳にします。 そのため、「かしこまりました」というフレーズを一度も聞いたこと ...

「お座りください」は正しい敬語か?(和文・英文例)

敬語の使い方

2020/12/27

「お座りください」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「お座りください」は正しい敬語か?について解説します。 ビジネスシーンにおいて会談をする場合、立ったまま会話をする事は基本的にありません。 そのため、呼び出した側から相手に対して着席をお願いするシーンがありますが、正しい日本語を使用できているでしょうか。 相手に対して座る事をお願いする場合、「着席してください」「お座りください」「お掛けください」などいろいろな言い回しがありますが、それぞれどのような意味を持っているかを知っておくと、シーンによって正しい日本語の使い方を選択できるようになります。 ...

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com

© 2022 履歴書研究所