敬語の使い方

「お申し付けください」は正しい敬語か?(和文・英文例)

敬語の使い方

2020/12/22

「お申し付けください」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「お申し付けください」は正しい敬語か?について解説します。 「お申し付けください」は正しい敬語? 敬語には三種類があります。 敬語は尊敬語、謙譲語、丁寧語の3種類がある 歴史をたどってみると、一番初めに生まれたのは尊敬語です。 ポイント 対等ではなく、上下関係がある身分制度ができたことにより、目下の人が目上に人に対して使って敬意を表し、持ち上げる必要が生じたのです。 やがて、身分制度は細分化されていきます。 そうすると、相手との身分の差が大きくなり、相手を持ち上げるだけでは足りず、自分をおとし ...

「しばらくぶりです」は正しい敬語か?(和文・英文例)

敬語の使い方

2020/12/23

「しばらくぶりです」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「しばらくぶりです」は正しい敬語か?について解説します。 「しばらくぶりです」は正しい敬語? 久しぶりに会った人に対する挨拶で使う言葉の一つに、「しばらくぶりです」があります。 ビジネスシーンにおいても使うことがあるフレーズですが、これは尊敬語でも謙遜語でもない言葉なので、上司など目上の人に使うのは失礼に当たりますし、取引先や顧客など社外の人に対して使うのもNGです。 パンダ 「しばらくぶりです」は、「久しぶり」という意味を持つ「しばらくぶり」に「です」をつけているだけの丁寧語です。 「です」 ...

「ご無沙汰しておりました」は正しい敬語か?(和文・英文例)

敬語の使い方

2020/12/23

「ご無沙汰しておりました」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「ご無沙汰しておりました」は正しい敬語か?について解説します。 「ご無沙汰しておりました」は正しい敬語? 「ご無沙汰しておりました」はビジネスシーンだけでなく、日常会話においてもよく耳にするフレーズですし、しばらく顔を合わせていなかった人に対しては、挨拶として使うフレーズとしても知られています。 歴史の中においては、「便りがない」という意味を持つ「無沙汰」という言葉で使われてきました。 「ご無沙汰しておりました」に含まれている「ご無沙汰」には、取引や連絡がしばらくの期間途絶えてしまったことに対 ...

「ご苦労さまです」は正しい敬語か?(和文・英文例)

敬語の使い方

2020/12/22

「ご苦労さまです」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「ご苦労さまです」は正しい敬語か?について解説します。 「ご苦労さまです」は正しい敬語? ビジネスシーンでよく耳にする言葉の中には、間違った使い方をしやすいものがたくさんあります。 「ご苦労さまです」も、そんな間違えやすいフレーズの一つではないでしょうか。 「ご苦労さまです」は、相手に苦労をかける時や何かをお願いする時などに使うことが多いフレーズです。 例えば、荷物や出前を運んできてくれた人などに対しては、「ご苦労さまです」と言うと、労をねぎらうという点でとても喜ばれます。 また、社内に出入り ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「お供させていただきます」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「お供させていただきます」は正しい敬語か?について解説します。 「お供させていただきます」は正しい敬語? ビジネスシーンで使う丁寧語や敬語には、たくさんの種類があります。その中には、相手への敬意を表現したり、相手を立てるニュアンスを持つフレーズの他、自分がへりくだることで相手を立てる役割をする謙遜語などもあります。「お供させていただきます」というフレーズは、ビジネスシーンでは使い勝手が良く、幅広いシチュエーションで使えるフレーズですが、どんな相手に対して使っても失礼に当たることはないのでしょう ...

no image

敬語の使い方

2020/12/27

「大変参考になりました」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「大変参考になりました」は正しい敬語か?について解説します。 「大変参考になりました」は正しい敬語? ビジネスシーンでよく耳にするフレーズの中には、とても丁寧な表現だったとしても、目上の人に対して使うのはNGだったり、目下の人に対して使うと違和感がある言葉がたくさんあります。「大変参考になりました」も、その一つです。 「大変参考になりました」は、「参考になりました」に「大変」という言葉を足すことによって、相手への感謝の気持ちを伝えています。相手に何かを質問して答えてもらった時に、感謝の気持ちと ...

「大変勉強になりました」は正しい敬語か?(和文・英文例)

敬語の使い方

2020/12/27

「大変勉強になりました」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「お大変勉強になりました」は正しい敬語か?について解説します。 「大変勉強になりました」は正しい敬語? 相手から指導を受けた時に使う「大変勉強になりました」というフレーズは、慣れない職場で奮闘する新人社員にとっては、ぜひ覚えておきたいフレーズの一つではないでしょうか。 「大変勉強になりました」に含まれている「勉強」とは、数学や国語などの科目というわけではありません。 「勉強」には、自分がこれまで知らなかった新しい知識ややり方を教えてもらうというニュアンスも含まれています。 社会人として働く人な ...

「おわかりいただけたでしょうか」は正しい敬語か?(和文・英文例)

敬語の使い方

2020/12/27

「おわかりいただけたでしょうか」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「おわかりいただけたでしょうか」は正しい敬語か?について解説します。 パンダ ビジネスのシーンにおいて、相手の理解を確認するために問いかけをする際に、「おわかりいただけたでしょうか」と聞くシーンがあります。 この理解度を確認するという行為は、取引先だけでなく、会社の上司や同僚、お客様までと幅広く使用する必要がありますが、間違った表現方法も多く、正確に使用できていると自信を持って言える人は多くありません。 正しい日本語表現を理解し、相手の状況や立場によって異なる表現方法をしっかりと活用できるよう ...

「尽力いたします」は正しい敬語か?(和文・英文例)

敬語の使い方

2020/12/21

「尽力いたします」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「尽力いたします」は正しい敬語か?について解説します。 「尽力いたします」は正しい敬語? ビジネスシーンでは昔から「尽力」という言葉を耳にすることがあります。 かしこまった場面や上司、お客様の前など、自分が頑張りますという場面や相手に頑張ってもらったときに「尽力」という言葉が出てきます。 はてな ということは「尽力」=「頑張る」の類語となるのでしょうか。 歴史ある言葉に見えますが正しい使い方を知らない方は多いかと思われます。 「尽力いたします」という言葉を適切なタイミングで使うことができればビ ...

「おかげさまで」は正しい敬語か?(和文・英文例)

敬語の使い方

2020/12/20

「おかげさまで」は正しい敬語か?(和文・英文例)

本記事では、「おかげさまで」は正しい敬語か?について解説します。 「おかげさまで」は正しい敬語? 「おかげさまで」という言葉はビジネスシーンに関わらず広く一般的に使われています。 お礼や感謝の気持ちを伝える時に「おかげさまで~」という使い方をします。 上司やお客様に対して使うことが多いです。 パンダ敬意を表す言葉として多くの人に使われている言葉ですが、どのような使い方が正しいのでしょうか。 まず、「おかげさまで」を漢字で表すと「お蔭様で」や「御蔭様で」と書きます。 それぞれの文字を分解して言葉の内容を理解 ...

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com

© 2021 履歴書研究所